まったり…   旅ブログ
まったり、ゆっくり呼吸に合わせて…
バリ1/1996

モンゴルの2ヶ月前にバリ島を訪れました。
この頃は「ルウ・ガル」を連載中。
94年にネパールに行った事で劇的にインスパイアされたといいますか…
海外で現地に直接触れる事で吸収される事の多さに感銘を受けて
95年にはスペインに、96年にはバリとモンゴル、と立て続けに海外に出かけていました。

もっともっと 刺激のあるアートを見たい。
民族の風に触れたい。歴史を感じて時間旅行したい。
この頃の引き出しが長い事作品に栄養を与えてくれて、

バリ島で見たこのバロン↑は「ムジュラ」の巻末の
オリジナルストーリーの怪物のモデルになりました。



しかしこの時は暑くて。
5月でしたが、飛行機から降りた時にムワワン…と来る湿気に
一瞬暗くなってしまった記憶がありますw
数日いたら慣れましたが。



濃密なバリの緑。
ガルの3巻の魔獣の森 ジルフが瞑想していた森。






一日目に訪れた古い寺院

生命力の表現
全てが燃えているようです






日本でいったら狛犬なのでしょうか。
想像上の動物のファンタジー表現がすばらしい
だれが最初にこの表現を考えたのだろう
名前も残っていない芸術家の仕事










寺院を守る精霊達






くぁわいい狛犬 







なんていうお寺だったかな。
名前は忘れてしまった。





街中を車で走っていたら見かけた彫刻。
物語を現しているのかな
ギリシャ彫刻のようでもあります。




23:45 : アジア : - : - : AkiraHimekawa
Search this site.
Recommend
<< NEW : TOP : OLD>>