まったり、ゆっくり呼吸に合わせて…


<< オレゴン2/2011 | main |
オレゴン3/2011
ペンデルトンを発って オレゴントレイルを引き返します




 

残雪と色とりどりの貨物列車













山越えルートで行った所 山頂付近には雪がまだ沢山残っていました。


雪の上に 鹿 兎 キツネ?など

動物の足跡がけっこう目につきます。

思わず「サンドヒルのオジカ」のヤンのように
雪の上の足跡を追っかけてみたい衝動に…


しかし雪が多すぎて、このルートを断念し下山。
遠回りですが下の道を行く事に。





しばらく行くと牧場に白い馬がいたので
下車して撮影タイム









なにしに来たん?






確かこの日だったと思うんですけど
山道を走ってたら後ろからパトカーが来て止められた事がありました。
え?なに?
まったく身に覚えがないんですが、どうなるの!?




結局べつだんなんてことは無かったのですが…

ドキドキしてしまうのは、映画の見過ぎでしょうかね(^^;;







給油してるとまたまたバイカー
左は女性です
カッコいい〜☆





道中ミュージアムに立ち寄りました。


コロンビア川を中心にした
結構大きいヒストリカルセンターでした。

子供達が
ルイス&クラークについて学ぶ場所










先住民の網かご
縄文ポシェットに似てませんか?







またまた開拓時代のジオラマが
アメリカ人ってほんとにジオラマ好きね〜〜






先住民に沢山協力してもらったんでしょうね。






さて、ふたたび走る。
今回はコロンビア川にそって同じ道を行って帰って








オレゴンの旅もそろそろ終盤
ポートランドに着いて「びわ」という
日本人から見るとちょっとあやしい日本料理店で夕食

私達は餃子定食頼みましたが
まわりの地元民はみんなラーメン食べてました。
これがけっこうチャレンジングなラーメンで…
みんな日本に来てうまいラーメン食べてみてくれよ!
小学5年生まで日本で育ったという青年ウェイターがいて、
ドラゴンボールが大好きって言ってましたw





一泊したのち、翌日オレゴンコーストへ

すごく有名な美しい海岸とのことなんですが
この日はとうとうあいにくの天気となり…





雨まじりの冷える1日

オレゴンコーストのそばにアートとギャラリーの街があり、
そこをブラブラしつつ海岸も見に行く

しかし寒いし雨降ってるしで早々に退散





この岩が有名らしくギャラリーに絵がたくさんありました。
晴れてたら綺麗なんだろうな…





でも、まあ、海は宮古島だって
超綺麗だし
うちの近所にも海岸はあるので、
そんなに…^^



Kさんお薦めのクラムチャウダーが美味しいというお店へ


内装が面白い

漁業の街です。




クラムチャウダーでほかほか あったまりました。
確かに美味しい〜




ポートランドに戻るとちょっと天気が回復






近くの公園にバラ園がありました
イギリス式ローズガーデン



ここで偶然サカジャウィアの銅像を見つけて
いきなりハイテンション!
ずっと前monoマガジンに載っていた写真と同じものを
見つけて思わず叫んでしまいました。

像を見ている間だけ雲間から光が射して
感動の出会いでした。

ようこそ、と言ってもらったようで嬉しかったです。





なぜか日本庭園が


日本のたたずまいって雨が似合いますね。
なんとなく。



こちらの人たちにはたとえば日本食は
高級料理、高いものっていうイメージがあるのだそうです。
昨日食べたお店は安くて庶民的で普通の人も気軽に行ける
お店なんだとか。




街中で買い出しして
写真を撮っていたら…






シャボン玉をとばしてる人がいました^^








空港へ戻る橋
ポートランドは橋とビールが名物なんですね
確かに橋が沢山ありました。


最初と最後が雨だったけど
予報では1週間雨で
私達が合流するまではずっと冷たい雨が降っていたそうで
それがオレゴン街道走ってる間はずっと快晴

晴れ女伝説健在*



ネイティブとカウボーイ
開拓民の旅にシンクロしたオレゴントレイルの旅でした。



|- | - | -