まったり…   旅ブログ
まったり、ゆっくり呼吸に合わせて…
Go to the Country Road3/2002
2002年7月5日

ビリングスに着いて一夜明け、出発です。

カスター将軍といえばなんとなく知っている人も多いでしょうか。
「リトルビッグホーン川の戦い」
ジョージ・アームストロング・カスター中佐率いる騎兵隊と
オグララ・スーの酋長クレイジー・ホース達インディアンが戦って
インディアンが勝利、騎兵隊が全滅した、古戦場です。
今はメモリアルとして整備され、観光客も多く訪れます。








丘に続く道を行くと










戦って死んだ兵士達の名前が刻まれた記念碑が建っています。




命を落とした兵士の墓。


カスターが功を焦り、インディアンの兵力をあなどって、
側近も、カスターに味方してたクロウ族
(クロウはスーとは長い事敵同士だったそうで…)も止めたにもかかわらず
一方的に無理な戦いを仕掛けて隊は全滅。
この約50年後日本もこんな無茶な戦争をした時代が…;

日本に伝わっているカスターのイメージは
なんとなくですが、西部劇の英雄カスター将軍、というかんじで
私も当時はふんわりとそう思っていたんですけど、
事実はかなり違ったんですね。

時代の都合で英雄になったり悪役になったり。

しかしカスター隊が先に仕掛けた戦争だったにもかかわらず
インディアンが先に襲いかかり騎兵隊を虐殺したと報じられて
それが政府の公式見解として長い事残り、
ようやく事実をアメリカ政府が認めたのが、この旅行の翌年。
ときの大統領はブッシュ(息子の方)でした。

その直前にここを訪れた意味って 一体なんだろう。

旅行に行ったあたり、米政府が先住民に謝罪するのしないので
何度かニュースが伝わって来た記憶があります。







犬を連れている人がけっこういて、みんな快く撮影に応じてくれます。
ハードロックなお兄ちゃん*
(あやまってフィルムが入った状態でカメラを開けてしまって、赤くなっちゃった;
フィルム時代の最後の旅行。このあとはデジカメ〜)



古戦場に行った後、楽しみにしていたインディアンのパウワウを見に行きました。

ブラックフィート族のパウワウです!
子供、大人、みな色鮮やかな民族衣装を着て踊ります。
日本の盆踊りみたいですよ。

独特な太鼓のリズムが響きます。



女の子のグラスダンス(草のおどり)です。
これはコンテストの最中。







別のパウワウで撮ったスナップ。
シャイアンの親子です。
決まってますなあ!
大地を踏みならすと足に付けた鈴が
シャン シャン シャンと音をたてます。


近くで(近いっても道なき道をウン分走るんですが…;)
インディアンの人たちがロデオやってるとの情報で、車をとばして行ってみました。








とにかくこの日は暑かった…
日なたに長く居たら絶対に熱中症になりそうで;








写真を撮ってたら少年が近づいて来ました。

「どっから来たの?」
「日本だよ!」

たぶん彼が初めて面と向かって見る日本人でしょうな…w;




乗っているのはみんな自分の馬だって。
いいな、わたしも一頭ほしい(また言ってる^^;)



モンゴルで会った少年によく似てる。
われわれはみな同じモンゴロイドなのだ。
だからインディアンには近いものを感じるのだ。
きっと。






次回はイエローストーン国立公園です。




20:41 : - : - : - : AkiraHimekawa
Search this site.
Recommend
<< NEW : TOP : OLD>>