まったり…   旅ブログ
まったり、ゆっくり呼吸に合わせて…
バリ/ウブド〜最終日/1996

バリ島後半。おめあてのウブドへ。
絵描き、芸術の村。
この頃日本はバリ島で結婚して移住する女性が増えてちょっとブームになっていました。
ウブドに嫁いだ女性をTVで特集していたり…

90年代の神秘ブーム、癒しブームの先に 日本を脱出して
土着で素朴な信仰が残っている土地に住んでしまった人が少なからずいました。

都市文明の忙しさに疲れた日本人を癒してくれる常夏の島。

そこらへんに皮膚病にかかった野良犬がウロウロしてたりして
決して綺麗ではないですが、懐かしく心あたたまる空気に包まれます。


で、ウブドに行くとお店に連れて行かれて「絵を買え」と半強制的。
ここに限らず今回のツアーガイドさんは何かと店に連れてっては
「買い物して下さい」「何買いましたか?」
ばっかりで、彼にマージンが入るからなのでしょうけど
しまいにはちょっと嫌気がさしてしまいました;
ゆっくり芸術に触れていたいのに金のことばっかりで…
お客をいい気持ちにさせたら最後には買い物しようかな、になるのに
商売ベタなガイドさんだった。

店はそんなで次々出て来る絵に「どれ買ってくれる?」の連続で
もう、あとで必ず何か買うからちょっとゆっくりさせてくれ、と逃げて
美術館が一番ゆっくり絵を見る事が出来ました。
ここは一番素晴らしかった。











ほんとに卓越したアートセンスの持ち主たち


それがお土産物屋でも普通に見られるます。



真ん中の生き物はなんだろう 馬?

あ、絵は結局1枚厳選して購入。
この絵は帰国してから額装して今も家の階段に飾ってますw


こっちはレストランの入口にいた馬

こんな感じの木彫りのミニチュア(30センチくらい)がホテルに売っていたので
買って来ました。白と黒。顔がエキゾチック。
絵本「プンクマインチャ」と同じ顔。
こちらも今もアトリエに飾ってあります。
飽きのこない顔なんですよね。


あ、馬の向こうにガイドのカスティカ君がいたw
彼は元気かいな。










レストランの柱にかかっていたお面が
またおいで^^

ケチャのダンスもとても面白かった
ケチャケチャケチャケチャケチャケチャケチャ…

なんともいえない不思議な魅力と謎が渦巻くバリ島とインドネシア。
キヤの故郷をここにしようかと思っていたこともありました。
ジャングルの奥に何が潜んでいても不思議じゃない気がする所です。






14:12 : アジア : - : - : AkiraHimekawa
Search this site.
Recommend
<< NEW : TOP : OLD>>